イッティ 保坂尚希プロデュース フットエナジー 足裏EMS EMS 足 脚 運動不足 ダイエット ぶるぶるマシーン ウォーキング トレーニング 人気海外一番 イッティ 保坂尚希プロデュース フットエナジー 足裏EMS EMS 足 脚 運動不足 ダイエット ぶるぶるマシーン ウォーキング トレーニング 人気海外一番 10741円 イッティ 保坂尚希プロデュース フットエナジー 足裏EMS EMS 足 トレーニング ダイエット ぶるぶるマシーン 脚 ダイエット ウォーキング 運動不足 ダイエット、健康 ダイエット ダイエット器具 EMS 10741円 イッティ 保坂尚希プロデュース フットエナジー 足裏EMS EMS 足 トレーニング ダイエット ぶるぶるマシーン 脚 ダイエット ウォーキング 運動不足 ダイエット、健康 ダイエット ダイエット器具 EMS 足裏EMS,ダイエット,運動不足,フットエナジー,10741円,EMS,ダイエット、健康 , ダイエット , ダイエット器具 , EMS,足,脚,保坂尚希プロデュース,イッティ,トレーニング,ぶるぶるマシーン,kpkdd.ru,ダイエット,/credulousness1278858.html,ウォーキング 足裏EMS,ダイエット,運動不足,フットエナジー,10741円,EMS,ダイエット、健康 , ダイエット , ダイエット器具 , EMS,足,脚,保坂尚希プロデュース,イッティ,トレーニング,ぶるぶるマシーン,kpkdd.ru,ダイエット,/credulousness1278858.html,ウォーキング

イッティ 保坂尚希プロデュース フットエナジー 足裏EMS EMS 足 脚 運動不足 ダイエット ぶるぶるマシーン 本日の目玉 ウォーキング トレーニング 人気海外一番

イッティ 保坂尚希プロデュース フットエナジー 足裏EMS EMS 足 トレーニング ダイエット ぶるぶるマシーン 脚 ダイエット ウォーキング 運動不足

10741円

イッティ 保坂尚希プロデュース フットエナジー 足裏EMS EMS 足 トレーニング ダイエット ぶるぶるマシーン 脚 ダイエット ウォーキング 運動不足

本体表面の凹凸が足裏にフィット
指先まで刺激をいきわたらせ、
正しい足裏バランスをサポートします。

低周波/中周波刺激を含む3モード搭載
低周波刺激(10Hz、50Hz、80Hz)、
中周波刺激(3000Hz、5000Hz)のモードに加え、
低周波+中周波のMIXモードを搭載。

品名:フットエナジー(DSY-FCE-01)
サイズ

【本体】
W:約330mm×D:約300mm×H:約20mm
【EMSコントローラー】
W:約43mm×D:約120mm×H:約25mm
電池の種類:リチウムイオン電池
推奨使用環境温度:約10℃〜35℃
充電時間:約5時間(室温10℃〜35℃)
定格時間:最大4時間
材質:【本体】ABS樹脂【EMSコントローラー】ABS樹脂
本体質量:約1.4kg(EMSコントローラーを含む)
耐荷重:100kg(スタンド展開時は50kg)
原産国:中国







イッティ 保坂尚希プロデュース フットエナジー 足裏EMS EMS 足 トレーニング ダイエット ぶるぶるマシーン 脚 ダイエット ウォーキング 運動不足

スープ賢人 抱っこひも BELK. Fundy-Fundy(フンディ-・フンディ-) マツダアクセラ グッドムービングひざサポーター コアバランス機能商品 腰部サポートウェア rakunie(ラクニエ)
  • その時代の「人」が、安全、安心、快適、健康、便利を実感できるような生活環境の実現を目指して活動する一般社団法人です。

  • 会員等から人間生活工学に関連する研究テーマを募り、テーマごとに研究会を設置し、会員主体の活動を行っています。

  • 国等からの委託により、人間生活工学に関わる研究開発事業、調査研究事業を行っています。

  • 人間生活工学に基づく製品開発を支援するため、各種コンサルティングを行っています。

  • 人間生活工学を実践できる組織づくり、人づくりを支援するため、講座、セミナーなどを開催しています。

  • 当センターは、設立の趣旨に賛同して入会された、法人・個人の支援により運営されています。

人間生活工学とは、私たちの「安心・安全・快適・健康・便利」な生活を実現するための“ものづくり”の考え方と技術です。生活とは、家庭にとどまるものではなく、仕事、余暇、勉学など、人の営みすべてです。そして人間生活工学に基づくものづくりとは、作られる“もの”(製品やサービス)を、その使い手の視点において設計し、また“作るプロセス”(生産や物流などのシステム)を、そこに携わる人の視点において設計することです。人間生活工学の対象は製品やサービスのみならず、空間や環境、仕事や暮らしも含まれます。ものを生み出すメーカーはもとより、製品やサービスを生活者へ届ける流通、販売や、生活者自身のよりよい暮らし設計のためにも必要な技術です。